地元のこと

鳥取駅がいまだに自動改札じゃない件

都市部では当たり前の自動改札機。

鳥取駅は「有人」改札です。

市街地から離れた駅なら分かりますが、中心でもある鳥取駅が有人改札なのです。

鳥取駅は有人改札

みてください。

改札口に駅員が立っています。

改札機も見当たりません。

昭和の光景ですね...

導入コストがかかるから?

費用対効果を考えたら導入してもいい気はしますが。

一応、県庁所在地で中核市。

田舎とはいえ、学生やサラリーマンの利用もそこそこあります。

平均乗降客数も

  • 鳥取駅:10,370(人/日)
  • 米子駅:7,070(人/日)

と鳥取駅が上回っているのに、米子駅には自動改札機が導入され鳥取駅ではなぜか導入されていないのです。

鳥取駅を自動改札機にしない理由

鳥取駅だけ自動改札機を導入しても、周りの(利用圏内の)駅も自動改札にしないとメリットがないんだとか。

たしかに、米子周辺は

  • 米子~境港
  • 米子~伯耆大山
  • 米子~出雲

と広く自動改札化されています。

米子周辺は山陰の中心なので、全体の利用者数も多いのでしょうか

鳥取駅が自動改札機になるのも遠くないかも

鳥取市の100円循環バス「くる梨」は、ICOCA(イコカ)など交通系ICカードが2023年4月から使用できるようになりました。

これに合わせて鳥取駅もICOCAに対応できるよう、自動改札機になるかもしれません。

市長も「複数の公共交通で利用できるように」とおっしゃってました。

私は高校生以降一切列車に乗ってませんが、便利になるといいですね。

以上

-地元のこと

© 2024 とりさんぽ