地元のこと

鳥取県の県民性

日本一人口が少ない鳥取県。

そんな鳥取県の県民性を調べてみました。

同じ県内でも

  • 東部の因幡(いなば)地方
  • 西部の伯耆(ほうき)地方

では、結構性格が異なるんです。

東部(因幡)の県民性

ザッとまとめると

  • おとなしい
  • シャイ
  • 保守的
  • 消極的

地味です。

こう見ると暗い性格に思われますが、単純に人見知りの方が多く、仲良くなれば明るく接してくれる人も多いです。

ただ、初対面だとあまり良いイメージはもたれにくいかもしれませんね。

そして保守的で、冒険を好まない。

消極的なので率先するタイプも少ないです。

私も鳥取市で暮らしている身として、それは感じます。

西部(伯耆)の県民性

ザッとまとめると

  • 明るい
  • 開放的
  • 積極的

東部とは真逆です。

西部では産業が栄えたため、東部に比べて商人気質な人間が多いといわれています。

開放的なので、初対面でも明るく接してくれる人が多いです。

表向きはそうでも、実はシャイな一面もあります。

鳥取県民の基本的な性格

地域に関係なくいえますが、とてもマジメでおとなしいです。

西部の人も東部に比べてというだけで、

基本的に野心の強い人や派手な自己主張をする人は少なく、良くも悪くも競争を好まず平凡です。

また、鳥取の世帯年収ランキング(サラリーマンの平均年収44位)は決して高くありませんが、貯蓄額ランキングは19位と倹約家でもあります。

「自分は倹約家だと思うランキング」でも鳥取県は3位になっていましたからね

以上

ここに書いていない県民性もたくさんあると思うので、気になる人は教えてくださいね。

-地元のこと

© 2024 とりさんぽ