未分類

コンビニで夜勤バイトをするメリット・デメリット

2024年1月23日

コンビニの夜勤バイトといえばどのような印象がありますか?夜勤だと時給も高いので、興味がある人も多いはず。

わたしはコンビニで夜勤バイトをしていました。

今回は実際にコンビニの夜勤バイトをしていた私が、コンビニ夜勤の実態をまとめてみました。

コンビニバイトを検討している人は参考にしてください。

コンビニで夜勤バイトをするメリット

  1. 時給が高い
  2. 接客はあまりしなくていい
  3. 人間関係がほぼない

時給が高い

夜勤は時給が高いです。

労働基準法では、日勤の25%割増した給与が支払われると定められています。

つまり日勤が時給1,000円なら、夜勤だと1,250円以上になるのです。

時給が高いとモチベーションアップにつながりますよね!

接客はあまりしなくてもいい

繁華街などを除いて、深夜はお客さんが激減します。

レジに行列ができることもほとんどありません。

基本的に清掃と補充がメインなので、接客がよほど苦手な人じゃなければ安心して働けますよ。

深夜に来るお客さんはクセの強い人が多めなので注意です

人間関係がほぼない

夜勤はお客さんが少ないのはもちろん、一緒に働くスタッフも少ないです。

最低限のコミュニケーションで済むので対人ストレスも少なく、のびのびと自分のペースで働くことができます。

コンビニで夜勤バイトをするデメリット

  1. 相方問題
  2. 生活サイクルが変わる
  3. 地味に仕事量が多い

相方問題

深夜のコンビニバイトは2人1組でシフトに入ります。

そして私の経験上、深夜のバイトは人間性やコミュニケーション能力に問題がある人が多いです。

  • まともに会話できない
  • やる気がなさすぎる
  • 平気で嘘をつく
  • お店のモノを盗む...

このような人と同じシフトだと、とにかく仕事が苦痛になります。

オーナーも頭を悩ませていました

生活サイクルが変わる

生活リズムは間違いなく狂います。

夜勤は体への負担が大きいので、生活リズムが乱れやすく体調を崩しがちです。

昼間に寝るので、友人との予定が合わなかったり、深夜に食べて太りやすくなることもあるでしょう。

地味に仕事量が多い

夜勤はレジをあまりやらなくていい代わり、それ以外の業務が多くあります。

  • 店内外の清掃
  • 補充、品出し
  • 雑誌・新聞の陳列
  • フライヤーの掃除

カンタンに覚えられる作業ばかりなので、そこまで心配はしなくても大丈夫かと思いますが

フライヤー(揚げ物を揚る機械)の清掃なんかは結構ダルかったです。

コンビニ夜勤に向いてる人

私が思うコンビニ夜勤に向いている人は

  • 夜型の人
  • お金を稼ぎたい人
  • 適度に楽できる(真面目すぎない)人

コンビニの夜勤バイトは人によって「合う」「合わない」が激しいので、時給だけで選ぶと後悔するかもしれません。

合わないと感じたら、辞めてもOK

「夜勤は厳しいかも...」そう感じたら辞めてもOKです。

実際わたしが働いていた時も、すぐに辞める人が何人かいました。

もし夜勤をするなら、最初は少ないシフトから入り慣れてきてから増やしていきましょう。

-未分類

© 2024 とりさんぽ